風俗でもらいやすい性病を勝手に番付【クラミジア/カンジタ/毛じらみ/ヘルペス編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
img600-380

風俗嬢にとっての職業病ともいわれる性病。でも、実際感染しているお客さんを見分けることって可能なの?感染率は?何日後に復活できるの?など、知らないことも多い気がします。

今回は風俗でもらいやすいクラミジア、カンジタ、毛じらみ、ヘルペス、トリコモナス、淋病、コンジローマ、梅毒の8大性病を対象に、気になるポイントを整理していきます。

各性病の厄介具合でレーダーチャートを作りたい!

ただ情報を羅列してもつまらなそうだし、覚えられないので、調べた情報をもとにそれぞれの性病の厄介具合をレーダーチャート化してみたいと思います。
というか、私がグラフとか数字が好きなんです(笑)

このチャートに当てはめていきますよ~!
00

厄介度は5項目5段階評価(25点満点)で採点

  1. 感染したお客さんの見分けづらさ
    1点:普通に接客していて気付ける
    3点:注意すれば気付ける可能性もある
    5点:判別不能
  2. 症状の辛さ
    1点:症状なし
    3点:症状は出るが、我慢できる程度
    5点:精神的・肉体的に日常生活に支障あり
  3. 感染率
    1点:10%未満
    3点:50%以上
    5点:90%以上
  4. 治療の辛さ
    1点:1,2回の服薬や通院で済み、治療法が楽
    3点:数日間服薬や数回の通院が必要
    5点:治療法が面倒&苦痛、再発しやすい
  5. 治療期間の長さ
    1点:1週間ほどで完治することが多い
    3点:1ヵ月以内に完治することが多い
    5点:数ヶ月にわたる場合あり

この合計点(25点満点)で評価をします。

日本人の感染人数は厚生労働省のサイトから

加えて、日本人の感染人数は性感染症報告数の平成27年のデータを参考にして記載しました。なお、ここにデータのない病気に関しては、記事下部の参考データからひっぱり出したりもしています。

なお、私が感染経験のあるものについては、【感染済】マークをつけてコメントしています(笑)

感染者数日本一!「クラミジア」【感染済】

言わずと知れたポピュラーな性病。毎年のように「若年層で今増えてます…!」という煽りを聞く気がします。
※ それはもうボジョレー並みに、毎年。

01

日本人の感染人数:24,450人

報告されていないものも含めると100万人にも達するとか。そら、風俗やってれば当たりますね…。

厄介度:トータル13点

  1. 見分けづらさ:5点
    男女ともに自覚症状がなく見分けづらい…。
    私もクラミジアには数回感染していますが、結局誰から貰ったのか分からないままです。
    特に、咽頭の場合は風邪と勘違いしてしまう場合が多いそうです。
    喉クラの検査を積極的にやってくれる病院って少ない気がしますしね…。ちなみに喉の検査はうがいのところが多いです。
  2. 感染率:4点
    約50~80%。
    ※ 感染したお客さんを2回接客をすれば、ほぼ確実に感染するほどの確立ということです…高い。

  3. 症状の辛さ:2点
    自覚症状はほとんどありませんが、感染するとHIVなどの感染症への感染率が3~5倍に上がったり、不妊症の原因になることも。ここが厄介ですね。
  4. 治療の辛さ:1点
    薬(抗生物質)を服用します。ジスロマックが有名で、1回の服用で一週間効果が持続するので楽ちんです。副作用もさほど強くはない薬かと思います。
    ※ 決しておすすめはしませんが、私はお守り代わりに個人輸入(自己責任)でAZEE(ジスロマックのジェネリック)を緊急用に家に常備しています…。
    06
    AZEE1000。
  5. 治療期間の長さ:1点
    投薬開始から1週後に再検査をしてOKであれば復帰のイメージです。生理前に発覚すれば生理中に治療できる可能性も…有り難い!

身内にうつしても怪しまれない?「カンジタ」【感染済】

真菌(カビの一種!)が原因の病気。性行為だけでなく自己感染の場合もあるのが特徴ですね!私は生理前にかかりやすい気がします…。
02

日本人の感染人数:計測不能(けどたぶん多い)

常在菌の増殖が原因のためカウント不能とのこと。
ただ「女性の4人に3人は生涯に一度は経験する」とも言われており、頻度は多いのでしょう…。

厄介度:トータル14点

  1. 見分けづらさ:5点
    男性はほとんど症状がなく気づかない場合も多いとのことです。

  2. 感染率:1点
    約5~10%。
    もともと男性の発症率は低く、男性から女性へ感染する確率は極めて低いようです…!
  3. 症状の辛さ:3点
    女性の場合はかゆみや白っぽいおりものの増加など…。悪化すると辛い…。
  4. 治療の辛さ:3点
    膣錠(エルシド)と塗り薬(オキナゾール)を処方されることが多いですが、病院によっては風俗嬢であることを伝えると、早く治すために膣洗浄に通わせてくれるところもあります。
    ちなみに、膣錠は溶けると白くなります。そのままプレイすると白い液体まみれになるので、やっぱり症状でてるときは安静にしましょう(笑)
    また、カンジタは抗生物質で悪化します。なので、クラミジアかと思ってジスロマック飲んだり、細菌性膣炎と思ってクロマイ膣錠入れると死にます。私は死んだことあります(笑)
    05
    上からクロマイ(=細菌性膣炎)、エルシド(=カンジタ)、オキナゾール。
  5. 治療期間の長さ:2点
    1週間程度で回復することが多いですが、免疫力が低下していると時間がかかることも…。

パイパン派の完全勝利!?「毛じらみ」

毛じらみって私の中ではプールやお風呂でうつるイメージだったのですが、陰毛に感染するのが一般的で、ほとんどが性行為で感染するとのことです…。
そういえば、ウシジマくんに出てくる風俗嬢も毛じらみになっていました(笑)
03

日本人の感染人数:計測不能(けどたぶん多い)

ですが、日本国内の感染者数は「男女合わせて100万人を超える」と書かれているサイトもありました…。

厄介度:トータル18点

  1. 見分けづらさ:3点
    毛じらみは肉眼でなんとか見えるくらいの大きさ。初期はかゆみも少なく、発見は難しいみたいです…。
    増えると白っぽいフケのように見えるとか。そんなお客さんの毛を凝視するの嫌ですけど、チェックしたほうがいいのかなあ。
  2. 感染率:5点
    90%以上!
    接客したら確実にうつります。
    ちなみに、人の体から離れても48時間は生き続けるとのことで、バスタオルやシーツも危険です!
    待機所に転がっているタオルや毛布には念のため注意したほうがよさそうです…。私は絶対使いません。
  3. 症状の辛さ:4点
    1~2ヶ月の潜伏期間を経て、自覚するようになるそうです。徐々にかゆみがひどくなってくるとのこと…。
    ちなみに、まれにまつ毛にも感染するそうです…怖い!
  4. 治療の辛さ:4点
    感染部の毛を全て剃る+薬剤(薬局で買えるものでOK!)が確実とのこと。いきなりパイパンにしたら常連さんに怪しまれそうですけどね!
    私のお客さんで一人「バルサンで一発駆除できたよ」と言っているツワモノもいましたが、たぶん危険です(笑)
  5. 治療期間の長さ:2点
    2週間ほど薬剤を使用して、すべて駆除されていることが確認できれば出勤できます!

免疫低下で再発が…「ヘルペス」【感染済】

単純ヘルペスウイルスが原因でできる水ぶくれ。口唇にできるものと性器にできるものとはウイルスの型が違うそうですよ~。
なので、彼氏が「口からヘルペスがうつった」と言っていたら、少し怪しいかも。。改めて調べてみたところ、最近では口からの感染の報告も見られるようになってきたようです…!むむむ…。。
04

日本人の感染人数:8,974人

厄介度:トータル15点

  1. 見分けづらさ:3点
    基本的には水ぶくれという目に見える症状があるので、本人も自覚しやすく、接客中にも気づきやすい。が、再発の場合には症状がまったくない場合もあるそう…。
    私も誰からうつされたかわかりません・・・悔しい!
  2. 感染率:2点
    約10%~20%。
  3. 症状の辛さ:5点
    2~14日ほどの潜伏期間を経て、性器周辺に腫れ物ができます。かゆみや痛みを伴う場合も多く、初感染時にも発熱する方も…。
    個人的に、感染時はいつも熱っぽく、気だるく感じます…結構しんどい。
  4. 治療の辛さ:3点
    飲み薬(バルトレックスを処方されることが多い)と塗り薬で治します。
    口唇ヘルペスと型は違うと書きましたが、実は市販で売られている口唇ヘルペス用の塗り薬は性器ヘルペスに使用される薬の成分とほぼ一緒なので代用できます。(病院に行くのが一番ですが!応急処置として!)
    07
    バルトレックスとアクチビア軟膏(口唇ヘルペス用の塗り薬)

    ただ厄介なのは、一度感染すると何度も繰り返すことですよね…。1年間毎日薬を飲んで再発を防ぐ方法もあるので、ヘルペス休暇が多い方は試してみてもよいかもしれません。

  5. 治療期間の長さ:2点
    治療は5日から10日間服用して、OKが出れば復帰できます。
    ほとんどの場合、目に見える症状がでるのでだいたい1週間~2週間は休まざるを得ないです。

前半、まとめ

  1. クラミジア
    ・とにかく感染者が多い:100万人説あり!
    ・感染率の高さ:感染したお客さんを2回接客すればほぼ確実に感染する!
  2. カンジタ
    ・ほぼ自己感染:男性から女性へ感染する確率は極めて低い!
    ・抗生物質で悪化:クラミジアの薬を誤って使用するとひどいことに。
  3. 毛じらみ
    ・毛根があればどこでも生きる:陰毛が一般的だがまつ毛にもうつる!
    ・人の体を離れて48時間生きる:使用済みバスタオルや毛布に注意。
  4. ヘルペス
    口唇から性器にはうつらないうつったという報告も増えてきている…!:口唇にできるものとはウイルスの型が違う!
    ・薬は代用可能:薬局の口唇ヘルペス用の塗り薬が代用できる!

今回参考にしたサイト

お読みいただきありがとうございました!
トリコモナス、淋病、コンジローマ、梅毒は次回記載いたします。
ではでは~

お仕事術から風俗嬢ならではの就活術まで。接客マニュアルもご用意しています。

接客や写メ日記、お店選びなどのお仕事に関することから、就職活動や日々のトラブルまで、お気軽にご相談ください!どんな些細なことも一緒に考えさせていただければと思っています。管理人のお店で使っている接客マニュアルも無料でお渡ししています。
※ 無理な勧誘やスカウト行為等は行いません。
※ ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの回答のためにのみ使用させていただきます。


メール相談してみる!